*
ヒリゾ浜の透き通る海

令和最初の夏 叶えたい夢はありますか?

小林弘樹 小林弘樹

こんにちは、すでに夏休みは何しようかな?と思案中の小林です。
突然ですが、この夏に叶えてみたい夢はありますか?

★2019年7月2日更新:「夏夢2(カムカム)キャンペーン2019」応募期間終了に伴い、応募情報の記述を変更させていただきました。

ちなみに静岡トヨペットでは夏夢2(カムカム)キャンペーンを2017年から実施し、夢を叶えたお客様が200組近くいるんですよ!今回は夏夢2キャンペーンで叶えた夢をちょっとだけご紹介します。「今年の夏こそ何かやってみたい!」という方は必見です。そして、ご紹介する夢を参考にお出かけしたり、チャレンジしたりしてみてはいかがでしょうか?

夢をご紹介する前に、夏夢2キャンペーンについて簡単に説明します。試乗車の貸出と夢資金として5万円をプレゼントし、クルマを使ってお客様の夢を叶えていただこうという企画です。今回は家族編、友人編、カップル編として実際に叶った夢をご紹介します。

家族旅行編~「大自然の中で勇気を振り絞ってチャレンジしたい!」~

キャニオニングを楽しまれるご家族

「普段は触れることができない大自然を感じたい」というあなたにおススメしたいのがキャニオニング。キャニオニングは沢の水中で泳いだり、滝にダイブしたり自然の迫力を体験することができます。このキャニオニングにチャレンジしたご家族のエピソードです。最初は険しい渓谷に不安な表情だった娘さんも「もっとキャニオニングしたい」と大満足。さらに草津温泉も堪能し、挑戦したかったことと日々の疲れを癒す旅となりました。そんな夢の実現をサポートしたのがハイエースバン。キャニオニングに欠かせない水着や上着などかさばる荷物も積め、車中泊をしながら群馬、軽井沢をドライブまで楽しむことができました。

詳しい内容はこちら
https://funfan.shizuokatoyopet.jp/special/dreams/18s03008/

ハイエースバンをバックに記念撮影

友人編~「今度こそ全員での修学旅行!」~

シュノーケリングを楽しまれるグループ

「久しぶりに友人と一緒に何かやってみたい」と思うあなたには、シュノーケリング体験はいかがでしょうか?高校の修学旅行でシュノーケリングをしたものの、希望していた仲間全員で体験することができなかったため、仲間全員で水が透き通った伊豆のヒリゾ浜でシュノーケリングにリベンジしました。さらにエスクァイアで行きから帰りの車中まで盛り上がることができ、「今度こそ全員で修学旅行」を満喫しました。

ヒリゾ浜の絶景はこちら
https://funfan.shizuokatoyopet.jp/special/dreams/17s08001/

エスクァイアをバックに記念撮影

カップル編~「嫁へのサプライズ!!」~

伊勢神宮前で記念撮影

せっかく夢を叶えるなら、普段はなかなかできないサプライズをしてみるのはいかがでしょうか?結婚1周年を迎え旦那様から奥様へサプライズ。小回りが利くタンクで普段はなかなか泊まる機会がないかもしれない名古屋の高級ホテルでの宿泊、伊勢神宮へのお参り、そして鳥羽の水族館を巡り、フェリーで伊勢湾をクルーズする贅沢な旅行を楽しみました。

サプライズの詳細はこちら
https://funfan.shizuokatoyopet.jp/special/dreams/18s10001/

まとめ

いかがでしたか?今回は夏夢2キャンペーンで叶った夢を紹介しました!夏夢2キャンペーンで実現した夢は弊社ホームページ「夢のアルバム」で紹介しています。今回ご紹介した以外の夢も見てみたいという方は是非チェックしてみてくださいね!「夢のアルバム」から、この夏はこんなことやってみようかな?と予定を立ててみるのもいかがでしょうか?
※本記事および夢アルバムでご紹介した中には、モデルチェンジ前の車両も含まれております。ご了承ください。

「夢のアルバム」はこちらから
https://funfan.shizuokatoyopet.jp/special/dreams/

本記事で6月7日にご紹介した2ンペーン2019の応募につきましては、2019年6月30日をもちまして応募を締め切らせていただき、多くのご応募をいただきました。ご応募いただいた皆様、キャンペーンの紹介にご協力いただきました皆様に、この場を借りて御礼を申し上げます(2019年7月2日更新)。

The following two tabs change content below.
小林弘樹

小林弘樹

経営企画部 企画G CS静岡トヨペット株式会社
経営企画部では、静岡トヨペットが静岡県のみなさまのお役に立てるように、会社全体がどのような取組みに力を入れていけば良いかを計画しています。車という視点に限らず、静岡県のみなさまが車を使った楽しい暮らしを送ることができるようなサポートをさせていただきたいと考えています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop