*

シェーン カムバーック

加藤 隆憲

シェーンという映画をご存じでしょうか

ジャック・シェーファーの小説をジョージ・スティーブンスが映画化した(1953年)名作ですね。

物語は南北戦争後の西部に暮らす農民一家のもとに、流れ者のガンマン、シェーンがたどり着き、悪代官ならぬ悪徳牧場主ライカー一味と対決するという勧善懲悪物語なのですが、農民一家の妻マリアンがシェーンにどんどん惹かれていくし、息子のジョーイは父親よりシェーンに、なついちまって「親父のジョーの立場はどーなのよ」と初めて観た時(もちろんガキの頃ですよ)には、そっちが気になって物語に集中できなかった記憶があります。

こんにちは、静岡トヨペット伊東店の加藤です。

嫌いなものには一切興味無し、好きな事柄は徹底的に追及するタイプなので、つまらん事をいろいろ知ってます。

今回はこの映画のラストシーンにまつわる「うんちく」です。

ラストシーンに関して

ご存じの方も多いと思いますが、この映画のラストシーンは大変美しく、映像としてはとても秀逸です。

一人のヒーローが弱き者のために悪徳一味をやっつけて、黙ってワイオミングの山に向かい馬で去って行く・・・まさに西部劇における王道ですね。

やがて馬もシェーンも確認できないほどに小さくなって・・・「シェーン カムバーック」・・・ フェードアウト。

そこで映画は終わっています。

「ああ良い映画だった」・・・ で終わりだと思ってました。 普通の人は、みなそう思うはずです。

ところがそうでは無いのです、小さくなっていく馬上のシェーンのシルエット・・・・最後の瞬間シェーンが落馬します。

そしてすぐにフェードアウト。

まとめ

そうです、彼は銃撃戦の際に傷を負い死んでしまうのです。

私は映像では確認しておりませんが、20代の頃に読んだ片岡義男の小説で知った話です、映画評論家の淀川長治さんもそう解説していましたので、間違いないでしょう。

それを知ったうえで映像を観ると結構伏線が・・・

1 バルコニーからショットガンで撃たれた時の演技~「やられた」って顔してます。

2 その後、力無く左腕をずっとぶらぶらさせている。

3 ジョーイのセリフ「血が出てる」。

4 ラストで馬上のシェーンは手綱を右手でとり、左手はぶらぶらと・・・

5 最後に墓地を抜けて山に向かう~死を暗示してるのか?

と、こんな感じです、興味のある方は是非確認してみて下さい。

映画ファンの間では、生死に関して諸説あるようですが、「シェーンの死に、ガンマンの時代の終焉と農民の時代の到来を象徴しているのだ」との説が有力です。

で、若い頃には感じなかった最近の感想。

映画で描かれていた悪徳牧場主も農民も、結局のところ土地をめぐって争っていたわけで、その土地はもともと先住民を追い出した結果手に入れた土地な訳で・・・そこのところはど~なんでしょうね。

おまけ

DVDでは修正されているそうですがビデオでこの映画を観ると、ラストシーンの山のふもとを自動車が走っているのを確認できるそうです(笑)

トヨタのナビはDVD視聴も可能です(一部機種を除く)ので是非。

The following two tabs change content below.

加藤 隆憲

最新記事 by 加藤 隆憲 (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop