*

地域貢献活動なのにフェス?トヨタソーシャルフェスとは?

望月 美里 望月 美里

こんにちは。IT戦略・推進部の望月です。
今回は地域貢献活動についての内容です。皆さん、地域貢献活動というと地域の人達と集まって清掃や環境整備をするだけのつまらない活動だと思っていませんか?静岡トヨペットも参加している楽しい地域貢献活動=フェスについてこれからご紹介いたします。

その名もトヨタソーシャルフェス!

2012年にハイブリッドカーAQUA発の環境活動として始まった「AQUA SOCIAL FES!!」
これが2018年に「TOYOTA SOCIAL FES!!」になり、活動のテーマも「AQUA=水」から「次世代の環境のために」に変わりました。

みんなで協力してアクティビティ(環境活動)をし、その地の名物で作ったお昼ご飯をいただく。
ただの環境活動だけではなく、楽しみながら良いことをするという思いから”フェス”という名前になっています。

灰塚川(松毛川)の自然観察とふるさとの森づくり

ここからは2018年に静岡県で行ったトヨタ ソーシャル フェスをご紹介いたします。
2018年第1回目は5月26日に三島市と沼津市の境界に位置する灰塚川(松毛川)にて行いました。
静岡トヨペットの新入社員44名を含め、約180名が参加しました。

灰塚川はかつては狩野川の一部でしたが、堤防工事で三日月型の止水域になりました。
両岸には数千本の樹木が生い茂る河畔林が今も残っておりますが、倒木や放置竹林の増加やヘドロの堆積など環境悪化が進行しています。
そこでこの日は川周辺の下草刈り、植樹、竹の伐採を行いました。

また、主催者の方々から灰塚川の遷移や生態について教えてもらいました。
普段触れ合うことの少ない自然の生き物たちを目の前にして、子どもたちと一緒に静岡トヨペットの新入社員も目を輝かせていました。

相良海岸に堆砂垣をつくろう!

2018年第2回目の静岡県でのトヨタ ソーシャル フェスは11月17日に牧之原市近辺の相良海岸にて行い、地元の方から県外の方まで約140名が参加しました。

相良海岸には数多くのアカウミガメが産卵のために訪れます。
しかし近年は、砂浜の減少が進行しアカウミガメの上陸が困難になってきています。
そこで堆砂垣(たいさがき)を作成し、砂浜を守ろう!というのがこの日の狙いです。

まずはアカウミガメの生態について勉強をし、その後砂浜へ出て堆砂垣を作成しました。
堆砂垣を作成する際、私などは手際が悪くモタモタしていましたがベテランの参加者の方がサポートしてくださいました。

堆砂垣作成後はみんなで砂浜の清掃をし、主催者の皆さまが作ってくださったトン汁とおにぎりをいただきました。
堆砂垣をつくり清掃をしたきれいな砂浜を見ながら食べるごはんは格別のおいしさでした。これがトヨタ ソーシャル フェスの醍醐味!

まとめ

トヨタ ソーシャル フェスには地域の皆さまも多く参加してくださいます。何年も参加してくださるプロの方もいらっしゃたり…
お子様との思い出作りや、自然と触れ合ってリフレッシュする機会にいかがでしょうか?
2019年度はこれから順次、活動の詳細が公開されます。皆さまのご参加をお待ちしております!

TOYOTA SOCIAL FES!! ホームページ
http://toyotafes.jp/top/

TOYOTA SOCIAL FES!! Facebook
https://www.facebook.com/toyotafes/

トヨタ ソーシャル フェスのホームページやFacebookでは他県でのフェスの様子や、活動レポートも掲載されます!ぜひご覧ください

The following two tabs change content below.
望月 美里

望月 美里

総務部静岡トヨペット株式会社
IT戦略・推進部の望月です。皆様の生活に彩りを添えるような情報をお伝え出来るよう頑張ります。よろしくお願い致します!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop