*

運転中に視界が曇って・・・汗 そんなときは「デフロスター」を!

小林 大希 小林 大希

みなさん、こんにちは!静岡トヨペット富士宮店の小林です。梅雨の時期になり、ジメジメして過ごしずらい日が続きますね。今回はこんな時期に多い車での困りごとの解決方法を紹介します。

梅雨の時期や雨の日に車を運転していると、急にフロントガラスが曇ってきて前が見づらくなりヒヤヒヤしたことはありませんか?雨の日だけに限らず、外の温度と車内の温度が違いすぎる時にもこのような現象が起きてしまいます。そんな時、走行中でもそれを解決してくれる機能が車には付いています。それが、「デフロスター」です。

・「デフロスター」って何?

デフロスターという言葉を聞いてピンとくる方は少ないかもしれません。しかし、車を運転している方ならほとんどの方が目にしたことがあると思います。A/Cボタンの右にあるボタンです。

見たことありますよね?これが「デフロスター」です。ガラスが曇ってくると自然にこのボタンを押す方も多いかもしれません。でも、名前まで知っていましたか?私は、この仕事をするまで知りませんでした。機能を知っている方は、この名前だけでも覚えていってください。使う機会は無いかもしれませんが(笑)基本的には、このボタンとA/Cボタンを使ってもらえれば曇りが徐々に無くなるはずです。フロントガラス用とリヤガラス用があるので間違えないでくださいね。ちなみに、リヤガラスの曇りをとる機能は「デフォッガー」です。それでも曇りが無くならない場合は、そとの空気を車内に入れてみるのも方法です。

・まとめ

今、紹介させていただいたのは運転中になってしまった際の対処法です。湿気や気温だけに限らずガラスが汚れていることによって曇りを起こしてしまうこともあります。洗車をしたり、ガソリンを入れる際にガラスの外側は綺麗になりますが、内側を綺麗にすることは少ないと思います。安全で楽しいドライブを楽しむためにも、たまに内側からガラスも綺麗にしてみてください。

The following two tabs change content below.
小林 大希

小林 大希

富士宮店QA静岡トヨペット株式会社
2015年に入社しQAになり5年目になります。
気合、根性、元気をモットーにしています。お客様に安心、安全なカーライフを送っていただくことはもちろん、お客様に元気と笑顔を届けられればと思います。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop