*

冬でも紫外線対策は必要?!

中川浩行 中川浩行
こんにちは!静岡トヨペット浜松志都呂店ビューティーアドバイザー中川です。寒い季節は日差しが弱く、紫外線も少ないと思いませんか?実は!紫外線の中でも年中降り注いでいるものもあります。今日はそんな紫外線についてお話したいと思います。

紫外線はお肌にとってどんな影響?

お肌にとって紫外線はもっとも悪い影響を与えていると言われています。米国皮膚科学会によると、老化の約80%が紫外線によるものということ。これを光老化といいます。ここテストに出ます!笑。80%?!すごいですね…紫外線を浴び続けることでお肌がダメージを受けることによりお肌が乾燥、しわやたるみになったりします。

UV-AとUV-Bの違い

UV-AとUV-B…聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?紫外線には種類があり、UV-Aは紫外線A波(長波長紫外線)、UV-Bは紫外線B波(中波長紫外線)といいます。長、中とあれば短もあるんじゃないの?と思ったあなた!するどい!短波長紫外線もあります。紫外線C波(UV-C)が短波長紫外線です。UV-Cは有毒ですがオゾン層に吸収されるため地表にはほとんど届きません。波長が短いと皮膚へのダメージが大きく皮膚内部への透過度は小さく、波長が長いと皮膚へのダメージは少なく、皮膚内部への透過度は大きくなります。

UV-AとUV-Bがお肌へどう影響するの?

UV-Aは波長が長く、紫外線の9割近くを占めるといいます。かなりの割合ですよね… 肌表面の角層を通過し、真皮というところにまで達します。またUV-Aは雲やガラスを通り抜けるため、日常的に浴びることになります。そのため生活紫外線とも呼ばれます。サンタン(肌の黒化)の原因になったりコラーゲンやエラスチンにダメージ、しわやたるみの原因になります!有名なコラーゲンは表面の角層ではなく、角層の下の真皮の中に存在しお肌に弾力を与えています。UV-Bは皮膚へのダメージが強く、内部への透過度は低いためお肌の表面の表皮にダメージを与えます。赤く炎症を起こすサンバーンの原因になります。火傷と同じ状態ですね…サンバーンの繰り返しは遺伝子を傷つけるため、皮膚ガンの原因にもなります。

実は紫外線は年中降り注いでいる?!

 UV-Bは夏が強く、以降は紫外線量は一気に減ります。しかし!UV-Aは年中通しても大きな変動はなく、知らず知らず紫外線を浴び続けダメージが蓄積されていることがあります。特に雪が降る地域での、新雪による反射率は80%ともいわれ冬でも多くの紫外線をあびることになります。水面やアスファルトも反射し、また、空気中の埃などで散乱され日陰でも日焼けすることもあります。

まとめ

冬でも意外と紫外線は降り注いでいます!サンバーンまではいかないので気付きにくいかもしれませんね。夏ほどではないにしろ紫外線はありますのでお肌の弱い方は紫外線対策をしてレジャーを楽しみましょう!次回は紫外線対策の代表、日焼け止めのお話をしたいと思います!お楽しみに!!

The following two tabs change content below.
中川浩行

中川浩行

浜松志都呂店QA静岡トヨペット株式会社
クオリティアドバイザー(営業)としてお客様にあった最高のカーライフのお手伝いをしています。趣味はラーメンをはじめとした食べ歩き。おいしい情報も提供していきます。自身の肌トラブルの経験から化粧品の資格をもち、美容情報には非常に関心をもっています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop